サーバー選びは慎重に| 失敗すると引越し作業で大変な目にあうかも

個人事業主が自分のホームページを持つとき、自分でサーバーを決めないといけません。サーバーと言うのは、ホームページを表示するためのデータを置いておく場所の事ですね。

実は、このサーバー選びはかなり重要な作業です。なぜなら、失敗するとかなり痛い目にあうからです。実際に、私自身も、苦労した経験があります。

選んではいけないサーバーがある

個人事業主がサーバーの契約をするとき、1ヶ月1,000円以下の格安サーバーを選ぶことが多いでしょう。こうしたサーバーでも基本的には問題ないのですが、中には選んではいけないサーバー会社と言うのもあります。

どんなところが悪いとは一概には言えないのですが、次の2点は重要でしょう。

  • サポートが悪い
  • サーバーが重い

サポートが悪い

何かトラブルがあったときに、問い合わせになかなか答えてくれない会社があります。私自身の経験だと、メールを送ったのに、一向に返信が無かった会社もありました。

こういう会社と契約すると、いざと言う時に困ってしまいます。ビジネス用のホームページが、何時間あるいは何日も表示できなかったら、仕事に影響ありますよね。

サーバーが重い

サーバーが重いというのは、要するに、ホームページの表示速度が遅いと言うことですね。はっきり言ってこれも困ってしまいます。

次のページに移るのに何十秒もかかるようだと、訪問者はじっくり待ってくれないでしょう。インターネットが出来たばかりのころならいざ知らず。

また、自分でホームページを管理する時にも、困ってしまいます。ちょっと修正するだけでも、異様に時間がかかることになるからです。データのアップロードダウンロードにも、必要以上に時間をとられるでしょう。

サーバーは引っ越すことも可能だが

いざと言う時には、サーバーを引っ越すということも可能です。ただ、サーバーの引越しは、結構面倒なんですよね。

特に、Wordpress のようなソフトを使っている場合、引越しをするには、そのための手順を勉強をしないといけません。勉強時間まで含めると、数日がかりになることすら考えられます。

個人事業主にとって時間は貴重です。ですから、こんな事態はなんとしても避けなければいけません。

サーバーのコストをケチったばっかりに、必要以上に時間がかかる事になると言うことです。安物買いの銭失いにならないように、最低限のスペックやサポート体制は備えているのかを確認したうえで、サーバーを決めましょう。


個人事業主はホームページを持ちましょう

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。