マーケティングとは何?定義を確認しておこう

マーケティングという言葉は良く聞きますが、意味が分かっていないで使っている人が意外と多いようです。多分、正確に分かって使っている方が少数派です。あなたは、マーケティングが何かわかりますか?

一番多いのが、市場調査と近い意味で使っている人でしょうね。あとは、広告宣伝というような意味合いでの誤用も多いです。

誤用が多いのは何故?

このように、マーケティングという語は、高い確率で誤用されます。でも、これだけ使われている言葉なのに、なぜ頻繁に誤用されるのでしょうか。

実は、その理由は簡単です。マーケティングという概念はちょっと理解しづらいのです。

概念の理解が難しいので、正しく伝わっていない。だから誤用されるわけですね。

「マーケティング」の意味を確認してみよう

さて実際のところ、マーケティングとはどのような意味なのでしょうか。まずは辞書の定義を確認してみましょう。

デジタル大辞泉では次のように定義されています。

マーケティング【marketing】
顧客ニーズを的確につかんで製品計画を立て、最も有利な販売経路を選ぶとともに、販売促進努力により、需要の増加と新たな市場開発を図る企業の諸活動。

なんだかわかったような、分からないような定義ですね。少なくとも一つ言えるのは、「企業の諸活動」の事をひっくるめてマーケティングと呼ぶという事です。

つまり、マーケティングって、「企業活動すべての事」という事なのですね。製品の開発、生産計画、流通経路の確保、広告宣伝まで、これら一つ一つはマーケティングの要素なのです。一連の企業活動全般をトータルでマーケティングと呼ぶわけです。

率直に言って意味は分かりにくいですよね。多くの人が言葉を誤用しているのも頷けると思います。間違っている人の多くは、マーケティングの一部の要素について言っているわけです。

はっきり言って分かりにくい言葉ですが、そういう概念の言葉なのですから仕方がありません。これだけ定着すると、否定するわけにもいきませんよね。

少なくとも市場調査や広告宣伝のことだけを指すわけではないことは理解しておきましょう。下手なことを言うと、「こいつは分かっていないな」と下に見られてしまいます。

マーケティングの定義は人それぞれ?

ところで、マーケティングという言葉は、人によって使い方がぜんぜん違うと言われています。マーケティングを語る人の数だけ、マーケティングの定義があるなんてことを言う人すらいます。

ということは、誰かのマーケティングの話を聞く場合は、彼(あるいは彼女)にとって、マーケティングという言葉が何を指しているかを知る必要があります。それをしないと、意味をとらえ損なう可能性が大きいですね。

結構微妙な問題なので、注意が必要です。注意しないと話が全く食い違ってしまいますから。

マーケティングが何か、多少なりともお分かりいただけたでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。