起業準備の貯金は積み立てを使おう

前のページに書いたように、会社勤めをしている期間に出来るだけお金を貯めるのは大事なことです。問題はどうやってお金を貯めるかでしょう。

貯蓄に利用できる金融商品は色々とありますが、どんな金融商品を使うのが良いのでしょうか。ちょっと検討してみましょう。

計画的に貯めるなら積み立て型の商品を

事業資金を貯める場合、最低でも数百万円単位の預貯金の準備は必要です。となると、数年から十数年くらいの期間をかけて準備をするのが普通でしょう。例えば目標金額が500万円として1年で100万円貯めるとしても、5年は必要な計算です。

このくらいの長期間にわたり自分の意思だけで貯金を継続するというのは、かなりの意思の力が必要です。もちろん、コツコツ自力で貯めていけるような意思が強いという人もいらっしゃるでしょうけどね。でも一般的には、もっと確実な方法を使うべきでしょう。

具体的にどうするかというと、積み立て商品を使って、自動的かつ強制的に毎月一定額を貯めていくのが良いでしょう。積み立て商品を使えば、銀行口座から勝手に積立てていくので、お金を貯めるのは比較的簡単です。

主な貯蓄商品

事業資金の準備に使えそうな主な貯蓄商品を3つくらい紹介して起きたいと思います。

定期積金

まず、一番手軽なのが、銀行の定期積金を使うと言う方法です。定期積金というのは、毎月一定額を定期預金にしていくというイメージの商品ですね。

元本1,000万円とその利息は、制度的に保証されています。ですから、銀行が倒産しても、何も戻ってこないというようなことはありません。

ただ、率直に言って、金利は期待できません。運用という意味では、全く価値の無い商品です。たんす預金とほぼ変わりません。

投資信託

毎月一定額、投資信託を積立てるという仕組みもあります。ちなみに、投資信託の積み立てに力を入れているのは、ネット証券です。興味があれば、ネット証券の口座開設をしてみると良いでしょう。

投資信託と言うとリスクが大きいというイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、正しい投資信託を選び分散投資すれば、それほど危ないものではありません。

ちなみに、窓口となっている金融機関が倒産しても、実際に運用する投資信託会社が倒産しても、投資信託の資産は守られます。なぜかというと、金融機関の口座とは完全に分けられているからです。その意味では、金融機関の倒産に強い商品と言えるでしょう。

養老保険

保険を使って積立てるのなら、養老保険が利用できます。養老保険を使う場合は、10年を超えるような比較的長い期間の積み立ての場合の利用になるでしょうか。

ただ保険の場合、私たちには見えにくいところで高い手数料を取られます。これが難点ですね。また、保険会社が倒産した場合に、財産の一部しか守られない仕組みであることも知っておくべきでしょう。

その意味では、3つの中では一番おすすめできません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。