低予算で飲食業を始めたいなら移動販売も検討してみよう

個人事業主を始めたい人の中には、飲食店をやりたいと思っている人も多いでしょう。飲食店は個人でも出来る業種の代表ですよね。

比較的始めやすいとは言え、自分で店舗を構えるのは、かなりコストがかかります。店舗を借りる初期費用もバカになりませんし、内装の階層費用も必要です。また、機器の購入も必要です。

これって、かなりハードルが高いですよね。個人が準備する金額としてはかなり大きいので、失敗が絶対に許されません。一度失敗したら、再起をはかるのも難しいでしょう。

そこで考えたいのが、移動販売です。これなら多少こだわっても数百万円程度で始めることは可能ですし、予算重視なら100万円以下で始めることも出来そうです。

一番手っ取り早いのが、中古の移動販売車を購入することでしょう。カーセンサーのサイトをチェックしてみた感じだと、100万円以下の車もありそうですね。初期費用も抑えられますし、良い選択だとおもいます。

そのほかにもいくつかの方法が

この他にも移動販売車を手に入れるにはいくつかの方法がありそうです。自分で軽トラックやワゴンを持っていれば、それを改造することも出来ます。あるいは格安の中古車を買ってきて改造することも可能です。

改造費用としては、70万円程度から可能みたいですね。このくらいの費用がかかることを考えると、中古の移動販売車を買った方が安上がりかもしれません。

固定費は意外と高いが

長期的に考えると、車体本体の費用よりも車の諸費用の方が、コストとしては大きいかもしれません。駐車場のコストがコンスタントにかかりますし、自動車保険のコストもかかります。税金の負担も必要ですよね。

まあそれでも、自分で店舗を持つのに比べると、かなり固定費は安いと考えて良いでしょう。その分売上も小さいでしょうけどね。始めやすいのは事実だと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。