将来起業したい学生は色々な種類のアルバイトを経験すると良いと思う

将来的に起業をしようと思っている人は、学生時代に様々なアルバイトを経験しておくと良いかもしれません。なぜかというと、自分で事業を始めた直後は、ほとんどの業務を自分自身で行わないといけないからです。アルバイトレベルでも実際の業務を経験しておけば、起業直後に役に立つはずです。

また、事業計画を練る際にも、アルバイトの経験は役に立つはずです。経験が無くプランを立てても、机上の空論になってしまいがちでしょう。実際にやったことが無いと、リアルなプランの理想と現実に乖離がでるはずです。仮にアルバイトでも、多少の体験があれば、理想と現実のギャップを埋めるのに役立つはずです。

人に物を売る仕事は絶対に経験しておいた方が良い

様々な業種や職種がありますが、一番経験しておいた方が良いのは、人に物を売る仕事でしょう。営業でも販売員でもやっておくに越したことはありません。

結局の所、事業を成立させるためには、誰かに何かを売るしかありません。でも、人に物を売った経験が無い人が物を売るのって、かなりハードルが高いはずなのです。

しかも、自分の立ち上げたビジネスで物やサービスを売るとなると、物怖じしてしまう可能性は大きいですよね。こんなもの売っても大丈夫なのかと思ってしまうわけです。

ですから、ある程度環境が整った既に営業してる企業の力を借りる形で、物を売る経験させてもらうのは意味があるはずです。

営業は派遣社員として経験できる

ちなみに、アルバイトだと、販売は経験できても営業は経験できないことが多いです。そんな場合は、派遣社員として営業を経験することができます。

派遣社員になる場合は、大手企業に営業スタッフとして派遣されることが多いようです。通信系の会社などが募集していることが多いようです。

学生だと難しいかも知れませんが、起業する直前の期間などにやってみても良いかもしれません。

派遣だと、営業以外の仕事も経験が出来ます。現在会社員をしている人は、経験してみると良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。