個人事業主、経営者、社長の違いって何だ?

知恵袋に次のような質問が載っていました。

個人事業主と経営者(社長)の違いをわかりやすく教えてください

個人事業主になろうと思っている人なら、知っていて当たり前だろういう感じですよね。

でも、回答を見ても頓珍漢なものが多かったです。例えば「経営者とは、法務局に法人登記している『代表取締役』です」なんて回答がありました。はっきり言って、完全に誤解しています。何で分からないのに回答しちゃうのか不思議ですよね。

何にしても、こんな回答が出てくるということは、意外とちゃんと分かっていないのかもしれません。そこで、しっかり確認しておこうと思います。

個人事業主とは

先ず個人事業主ですが、国語辞典では次のように定義されています。

こじん‐じぎょうぬし 〔‐ジゲフぬし〕 【個人事業主】
法人を設立せず個人で事業を営んでいる人。個人事業者。自営業者。自営業主。こじんじぎょうしゅ。(デジタル大辞泉)

法人を設立しないで、個人として事業を営む人のことを個人事業主と言います。「個人として」というのが重要なポイントですね。

経営者とは

次に経営者に関しては、次のように定義されています。

けいえいしゃ【経営者】
会社や商店を営む者。特に,会社事業を営む者。(大辞林 第三版)

この定義によると、個人事業主である経営者にもいるということになります。

ただ、個人事業主を経営者に含めるかどうかは微妙なラインのようですね。「特に,会社事業を営む者」とあることから、会社の経営をする人だけを指して、経営者と呼ぶ場合もあるわけです。

また会社事業を営んでいればいいので、会社に限定したとしても代表権を持っているかどうかは問われません。もっと漠然とした言葉なのです。

社長とは

最後に社長ですが、これに関しては次のように定義されています。

しゃ‐ちょう 〔‐チヤウ〕 【社長】
会社の業務執行の最高責任者。会社代表の権限をもつ。(デジタル大辞泉)

会社の最高責任者で、会社の代表権を持つ人のことを言うわけです。

整理してみましょう

以上の内容を整理してみましょう。

まず、社長も個人事業主も、広い意味では経営者です。個人事業主は経営者の中でも、個人として事業を営む人のことを言います。一方の社長は、会社の代表として事業を営む人のことを言います。

ですから、「個人事業主と経営者(社長)」という書き方は、実はあまり正しくないわけです。この書き方だと「経営者=社長」ということになってしまいますからね。しかし実際は、そんなことは無いのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。