流行り言葉をコピーに使うのは難しいよね| 美魔女って言葉を今聞くと、ちょっと恥ずかしい感じすらあります

国民的美魔女コンテストと言うのが行われ、43歳の女性がグランプリに輝いたのだそうです。この大会は意外と歴史があるらしく、もう第5回大会なのだとか。

ちなみに、グランプリと準グランプリの2名は、オスカープロモーションに所属して芸能活動をするのだそうです。1

オスカーって、国民的美少女コンテストをやっているところですよね。だからコンテストの名前が似ているのか。

ブームのときからちょっと違和感はありました

率直に言ってしまうと、美魔女という言葉が出てきた頃から、ちょっと恥ずかしい言葉だと思っていました。でも、流行り言葉として使われているときには、まだ、ちょっと違和感を感じる程度の感じだったのです。

失礼ですが、美魔女って、若作りしたおばちゃんって事でしょ。それを持ち上げてちやほやするのは、ちょっとキツいです。

勘違いしていただきたくないのですが、別に40代以上の女性を否定する気はまったくありませんよ。でも、それぞれの年代にあわせた美しさはあるはずなんですよね。「40歳代の人が20歳代に見えると偉いのか?」とか、「わざわざ若作りしなくても」と思ってしまうわけです。

同じような違和感を感じていた人は、少なくないものと思っています。

旬を過ぎると更に恥ずかしくなります

流行言葉が旬を過ぎると、もう、ちょっと耐えられないくらい恥ずかしい感じがしてきます。「陳腐になる」程度ならいいのですが、目にした方が恥ずかしく感じるんですよね。少なくとも私には。

Yahoo!ニュースで久しぶりに「美魔女」という言葉を見たときに、「うわっ」と呟いてしまいました。その単語を読んだ自分のほうが恥ずかしくなったのです。

流行り言葉って、痛むのが早いらしいです。その言葉を引っ張りすぎると、逆効果になってしまいます。「美魔女」という言葉には元々違和感があったので、言葉が旬を過ぎたことで、さらにきつい感じがしたのかもしれませんね。

ビジネスで流行り言葉を使うときには注意を

ビジネスをやっていると、流行り言葉を使ってみたいと感じる事も多いでしょう。チラシやらウェブサイトの中のコピーとして、使ってみたいと思うものです。

でも、長期的に使えないことは意識して使ったほうが良いでしょう。昔の流行り言葉を使い続けると、陳腐な印象しか生みません。

流行り言葉が恥ずかしい例は、枚挙に暇が無いでしょう。例えば、今の時期に「倍返しだ!」なんて恥ずかしくて使えません。「今でしょ!」もかなり恥ずかしいですね。2014年の流行語大賞だった「ダメよ~ダメダメ」ですから、既にちょっと古い感じがする人もいるはずです。

こんな言葉を使ったら、はっきり言って逆効果です。コピーを見た人に古臭い感じしか与えません。もっと古い流行語だと、逆に面白くなる事もあるのですけどね。

オスカーはどうするのかなあ

グランプリと準グランプリを雇ったオスカーは、これからどうやって使っていくつもりなのでしょうか。もう5回もやっている大会なので、それなりに仕事につながるという認識なのでしょうけどね。

芸能経験が無い人を、タレントとして使うのは厳しいですよね。よほどの特技でもあれば別でしょうけど。モデルにでもするのかなあ。

他人事ながら、多少気になります。

  1. グランプリに3児の母、43歳の箕輪玖美さん=国民的美魔女コンテスト(時事通信)2014年12月21日 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。