売れそうな商品で大キャンペーンをやっても、うまく行かない事もあるようです

商品を大々的に売り出したいときなどに、キャンペーンを打ったりしますよね。でも、その手のキャンペーンって、必ずしもうまく行くものではありません。失敗する事も多いです。

芸能ニュースを見ていたら、そんなニュースを発見しました。ちょっとご紹介しましょう。

徳重聡が結婚

俳優の徳重聡が結婚したのだそうです。相手は高校の同級生らしいです。1

この方のデビュー当時の扱いを思い出してみると、色々と考えさせられるのです。あのキャンペーンは何だったのだろうと。

売り出すときに大キャンペーンがあったが

徳重聡といえば、デビューのときに大キャンペーンをやって話題になりました。

もともと「21世紀の石原裕次郎を探せ!」という、事務所にとってはかなり気合が入ったオーディションのグランプリです。石原プロにとっては、「石原裕次郎」の名前は特別なものでしょう。売るために力を入れるのも、当然といえば当然です。

デビュー前にもかかわらず、かなりテレビに露出していました。ずいぶん「金をかけるものだ」と当時も思ったものです。

ところが、徳重聡が俳優として大成しているかといわれると、必ずしもそうではありません。もう30代半ばのようですが、役者として活躍したという話はほとんど聴いた記憶がありません。まあ、私が疎いだけかもしれませんが。

ちなみにYahoo!ニュースで「徳重聡」で検索してみると、結婚の話題以外は1件のニュースしかありませんでした。しかも、「戦力外捜査官」というスペシャルドラマの記事の中に、一出演者として名前が載っているだけです。

さらに、「テレビ出演時間ランキング」というテレビの出演時間チェックできるサイトを見ると、出演時間ゼロの月が半分くらいあるようです。そして、多い月でも10時間を越える出演をすることは無いようですね。

このサイトの情報自体、完璧でないことは知られています。それに、役者ですから、時間が長ければ良いというわけでもありません。それでも、メディアへの露出が少ないのは間違いないでしょう。

出身オーディションの肩書きの大きさから比べると、なんともさびしい状況です。

自信を持っている商品のキャンペーンをしても売れない事もある

所属事務所の石原プロとしては、「徳重聡」は期待を持って売り出した商品のはずです。事務所の象徴である「石原裕次郎」という名を関したオーディションで採ったのですから、当然ですよね。

そのため売り出しのキャンペーンにかなりお金もかけているはずです。大キャンペーンが行われたことを私が知っているくらいだから、間違いありません。

商品に自信があり、事務所としてもキャンペーンをしたわけです。でも、現在のような状況ということです。

石原プロといえば、それなりに歴史のある芸能事務所です。そういうところが売れるという見立てをしても、全くうまく行かないケースもあるということですね。

余談

ちょっと余談ですが、石原プロは現在ではかなり厳しい状態みたいです。所属俳優が7人だけで、そのうちの1人が70代の渡哲也で、2人が60歳代の神田正輝と舘ひろしです。かなり高齢化が進んでいるのです。

そして、残り4人のうちの一人が徳重聡で、それ以外の3人は名前を見ても知らない人でした。この4人も30代後半で、それほど若いわけではありません。

こんなふうな構成になっているということは、年齢が上の3人が抜けたらかなりまずいということでしょう。徳重聡一人で支えていくような形になるのでしょうか。

もう、率直に言って、ジリ貧という言葉しか思い浮かびません。それに、渡哲也、神田正輝、舘ひろしが抜けて石原軍団とか言われても、全くそんな印象はありませんよね。

何というか、時代を読み誤った感じは否めませんね。


  1. 徳重聡が結婚発表 高校時代の同級生と交際20年「明るい家庭に」
    スポニチアネックス 2015年2月3日 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。