Yahoo!JAPANは反日企業なの?| 多分、ネトウヨを釣っているだけと言うのが真相でしょう

欧米の日本研究者ら187人が求めた声明に対して、賛同者が増えているという報道がありました。456人にまで署名が増えているのだそうです。

声明の概要と動向に関して、毎日新聞の記事を引用してみましょう。

欧米の日本研究者ら187人が、戦後70年を過去の植民地支配や侵略の過ちを清算する機会にするよう安倍政権に求めた声明に対し、さらに賛同者が269人増え、世界で456人が署名したことが19日、分かった。欧米では、安倍政権の歴史認識に対する懸念が高まっており、8月にも首相が表明する戦後70年談話を念頭においた欧米から日本への進言といえる。1

Yahoo!ニュースのコメント欄を見ていたら、この記事に関しては内容が正しくないと反発する意見もあるようですね。毎日新聞が恣意的に内容を歪めているというのです。

実際に恣意的な書かれ方をしているのかどうかは分かりませんし、今回の本題では無いので詳しく検証する気もありません。政治的なことについて深入りする気もありませんしね。

ただ、この手の記事には、少なからず新聞社の意向が反映されているものでしょう。多少偏った見解だったとしても、それほど驚きません。とにかく前提としてお伝えしたかったのは、毎日新聞に安倍政権に批判的な記事が書かれたということです。

Yahoo!は反日企業なのか?

ここまでの部分はあくまで前提で、私がこの記事に興味を持ったのはここからです。この記事はYahoo!ニュースで見つけたのですが、次のようなコメントが付いていたのです。

yahooはこういう記事ばかりトップに持ってくるね
会社の資本と孫正義の出自とやっぱ縁が切れない関係があるんだろうね…

この手の批判って、実は、かなり以前からあるものです。

まず、事実関係として、ソフトバンクグループがYahoo!JAPAN の筆頭株主になっています。そして、孫正義氏がソフトバンクグループの社長です。孫正義氏は血筋的には韓国・朝鮮系ですよね。ですから、Yahoo!ニュースは韓国よりの論調の記事を目立つ場所に置いているというのです。

でも、率直に言って、この意見はかなり的外れな感じがします。以前は確かに、ちょっと中国や韓国寄りの記事が目立つところにあった印象がありました。でも最近は、むしろ嫌中や嫌韓っぽい記事の方が目立つんですよね。

例えば、中国や韓国でこんな酷いことがあったと、揶揄するような内容の記事がかなり多いのです。中国はともかく韓国まで揶揄する内容が多いのですから、コメントの主張は信憑性がありません。

多分、コメントをした人には、日本批判の記事に過敏に反応するようになっているのでしょうね。そういう記事を意識的に探しているので、また日本批判だと思ってしまうのでしょう。そして、Yahoo!JAPAN は反日だという結論にジャンプしてしまうわけです。

ページビューを稼ぐことが最優先のはずです

Yahoo!ニュースというサイトは、そもそもが広告媒体です。サイトに訪問した人に対して広告を見せ、あるいはクリックさせることでお金を得ています。

と言うことは、最優先に考えているのは、いかにしてページビューを稼ぐかということでしょう。仮に、反日的な記事が目立つ場所にあるとしたら、それはその記事がページビューを稼げると判断したからです。

もし本当に、反日的な記事が目立つとしたら、いわゆるネトウヨの皆さんが敏感に反応してくれるからと考える方が自然でしょう。反日的なことを書いておくと必ずチェックしてくれるのだとしたら、Yahoo!ニュースにしたら良いお客さんですからね。

ですから、Yahoo!ニュースが反日的だと感じるのだとしたら、その人はネット用語で言うところの「釣られた」状態であるわけですね。事実がどうなのかは分かりませんが、そんなふうに考えるのが自然なように思えます。


  1. <日本研究者>さらに賛同者、456人に 安倍政権への声明
    毎日新聞 2015年5月19日 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。