SMAPの独立騒動、ジャニーズ事務所のダメージコントロールは大失敗か?| 副社長の解任要求署名活動まで起こっているそうです

世間を騒がせたSMAP の独立騒動は、事務所側の勝ちで終わったといって良いでしょう。これに関して、高橋洋一氏が次のようなツイートをしています。

高橋洋一(嘉悦大) @YoichiTakahashi
チームディールにならないようにキムタクを落とした喜多川メリーの勝ち。そんだけ

SMAP をチームとしてまとめられなかった時点で、事務所側に分があったということなのでしょうね。明らかに1人離反しましたからね。

残留決定までの流れは事務所の圧勝

今回のケースを見てみると、まず分断工作があったのでしょう。ご存知のように最初にキムタクを切り崩しました。もしかしたら、彼は、最初から同調しなったという可能性もありますけど。

そして、次に取り込んだメンバーを使って、交渉を有利に進めた感じがします。単なる離反と言うだけでなく、交渉自体を担当したようですから。

ま、あくまで外から見える景色ではあるのですけどね。だいたいそん流れみたいです。

ちなみに今回の件は、クーデターではなくマネージャーの解雇が発端という話もあります。そのマネージャーが担当するSMAP も煙たい存在だったという説です。

もしそういうことなら、メンバーの切り崩しは容易だったでしょう。主体的な離反よりも交渉はしやすいはずです。

まあ、どちらにしても、事務所はSMAP の生殺与奪に関してのフリーハンドを得た格好です。事務所に所属するタレントなら、飼い殺しにするのも簡単ですからね。

ということで、勝ち負けで言うと、事務所の圧勝なのは間違いがありません。

率直に言って、その手腕は見事だったのではないでしょうか。正直、もっと長引く問題だと思っていましたから。

事後の対応には違和感を感じる

ただ、事件後のメディア対応には、かなり違和感を覚えたのも事実です。イメージが大事なはずの芸能事務所の対応としては、かなり信じられないものでした。

まず気になったのが、テレビ番組を使って謝罪をさせると言う演出です。完全に見せしめですよね。

SMAP のメンバーと言えば、大半が40代です。いい大人が人前で謝罪をさせられるって、そうそう見る光景ではありません。

大きな事故で多くの人が死んだとか、社会的に大問題となるような不祥事を起こしたときに、企業のトップがカメラの前で頭を下げることはあります。まあ、そのくらいです。

今回の件が、そんな重大な問題だとは思えません。単に、見せしめのための謝罪としか思えないんですよね。だって、ただの内輪もめですから。

こんなことをして、事務所としてはどんな意味があったのでしょうか。視聴者にあまりいい印象を残しているとは思えないのです。グループのイメージも悪くなるでしょうし、事務所のイメージも下がります。

単に私情を優先させて、あんな辱めるような行為をさせたとしか思えません。事務所の幹部が溜飲を下げるための謝罪というわけです。でも、浴びた返り血も多そうです。

事務所に対する謝罪をテレビで中継するメリットは何?

あの謝罪騒動でもう一つ気になるのが、誰に対する謝罪だったのか分からないと言う点でしょう。

常識的に考えれば、テレビを使って謝罪をする以上、ファンに対する謝罪だと考えるべきでしょう。でも1人ずつ謝罪していく中で、「(事務所社長の)ジャニー(喜多川)さんに謝る機会を木村くんが作ってくれて、今、僕らはここに立ててます」1 という発言をしてるメンバーがいるのです。

あれだけの関心を集めた謝罪イベントですから、誰が何を言うかという打ち合わせは十分にされていたはずです。しかも、事務所側の意思が発言内容に色濃く反映していたのは疑いがありません。

ということは、事務所が主導的に、事務所に対する謝罪をさせたと考えるのが自然でしょう。少なくとも、ファンに対する謝罪ではありませんよね。やっぱり、見せしめショーなわけです。

これって、ビジネスとして考えた場合に、何か事務所にメリットはあったのでしょうか。やっぱり、経営陣が一時的な満足感を得られただけに思えてなりません。

ネットでは事務所を大バッシング

広く噂されているように、ジャニーズ事務所はマスコミには強い影響力を持っているようです。ネットでスポーツ紙の類を見る限り、事務所に対する批判は多くはありません。

でも、SNS などの反応を見ていると、事務所に好意的な反応は皆無といっていい状況です。また、スポーツ紙以外のネットメディアの中には、ジャニーズ事務所を「ブラック企業」などと批判するものも存在します。

ここまで事務所の評判が悪くなってしまうと、ビジネス上も影響が出るはずです。ジャニーズ所属のタレントの場合は、良かれ悪しかれ事務所の影がチラつくことが多いですよね。ということは、事務所の評判が悪くなれば、そのタレントも使いづらくなる可能性があるということです。

特に、テレビCMの場合は、タレントのイメージって大事ですよね。そうなると、ジャニーズ所属のタレントと言うだけで不利な立場になりそうです。

コメントを求められたCMのクライアントは、影響がないというようなコメントを一応出しているようですけどね。CMのキャラクターは企業の看板ですから、実際にはそんな単純には行かないでしょう。

やっぱり、企業戦略としてあの謝罪は解せないんですよね。上場企業じゃないから、経営陣の個人的な感情が優先したのかなあ。

ちなみに、ついにはジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長の解任を求める署名活動なんていうものも始まっているようです。

家族経営に近い非上場企業ですから、署名が集まっても何か起こるとは思いません。大手メディアはおさえているようですし。

でも、事務所のイメージは一定程度悪化したのは疑問の余地がありません。

キムタクは裏切り者?

ちなみに、メンバーの中にもイメージが悪くなった人がいるようです。今回の件で、事務所の側についたキムタクを裏切り者ととらえる人が多いようですね。

スポニチの記事で「キムタク存続表明で『男ぶり上がった』CMスポンサー指摘」2 という記事がありました。記事のタイトル通り、彼の対応が評価されているという無いようです。

しかし、この記事のYahoo!ニュースのこのコメント欄では、記事タイトルとは正反対の反応が多いのです。

いくつか引用してみましょう。

いやいや、違うでしょ
むしろマイナス的なイメージが…

そうかなぁ
仲間を売ったとしか思えないけど。

男ぶりが上がったなんて思う人いるの?ってくらい印象悪かったけど

世論は知らないけど
自分の中では普通だったのが大暴落しました
嫌悪感しかない

マスコミとジャニーズが近い関係にあると仮定すると、今回の記事はマスコミを使った印象操作であるとも考えられます。自体の収集に功績があったメンバーが仕事をしやすくするための配慮とも考えられえるのです。

ただ、どうもこういった反応を見ると、あまり上手くいっていないようです。

やっぱり今回は、事後対応がチグハグな気がしてなりません。マスコミを使えばコントロールできるという思考の、古い体質の会社なのかもしれませんね。

まあ、個人的には、色々と興味深く拝見させてもらっています。


  1. SMAP中居、生放送でリーダー降格? 仕切りキムタクは“3巨頭”の座確立か
    夕刊フジ 2016年1月20日 []
  2. キムタク存続表明で「男ぶり上がった」 CMスポンサー指摘
    スポニチアネックス 2016年1月20日 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , ,


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。