マスコミの力はかなり落ちてきているのではないでしょうか| ジャーナリスト騒げど国民踊らず

青木理、大谷昭宏、田原総一朗、鳥越俊太郎、金平茂紀、岸井成格といった人たちが、高市総務大臣の電波停止発言に関する会見を行い、非難声明を出しました。1 テレビなどの露出が多い人ばかりで、常識的に考えると、注目を集めてもおかしくない会見と言えるでしょう。

この人たちの主張が正しいかどうかは別にして、個人的には違うことに興味を持ちました。この会見の注目度があまりに低いのです。そして、彼らに賛同する人も、予想以上に少ないように感じました。

少なくともネットの反応を見ると、彼らの発言を相手にしていないという雰囲気が強いです。具体的には、「お前が言うな」みたいな反応が多いのです。

彼らの意見に賛同する意見も少ないようですし、完全に浮いているという雰囲気ですね。

マスメディアの影響力の低下を感じる

率直に言って彼らの意見には説得力がありませんから、国民が白けるのもわからないではありません。でも、数年前だったら、国民はまったく違った反応だったでしょう。

例えば、女性を子供を産む機械に例えただけで柳沢伯夫厚生労働大臣が辞任に追い込まれたなんて事もありました。マスコミが煽ったことで国民世論が反発し、辞任に追い込まれたという印象があります。

もちろん、この発言自体にまったく問題が無いとは言いません。ただ、はっきり言って、大臣を辞任するような話ではないですよね。不快な思いをした人がいるならお詫びしますと一言詫びれば、終わってしまうような問題のはずです。

また麻生政権時代にも、ほっけの煮付けと言っただけで、マスコミから大バッシングでしたね。国民もこれを肯定するような雰囲気でした。さすがにこれだけで辞任はしませんでしたが。

この2つの例って、はっきり言って、言いがかりに近い批判ですよね。こんな言いがかりでも、世論を作る力が、大マスコミにはあったのです。

でも、最近の大マスコミには、当時の影響力はまったくありません。今回の件もそうですし、それ以外の事例も簡単に見つけることができます。例えば、「AIIB に参加しないとバスに乗り遅れる」と散々騒いでも、国民は相手にされませんでした。

民主党政権の誕生と朝日新聞の捏造事件が大きいのかな

かつてはかなりの影響力があったマスコミですが、どうしてここまで影響力を失ってしまったのでしょうか。個人的には、民主党政権が誕生したことと、朝日新聞の捏造事件が大きいのではないかと思っています。

民主党政権が生まれたのは失敗だったと思っている日本人は、今でもかなり多いはずです。民主党政権を誕生させた立役者の一人がマスコミですから、このときに相当の不信感が生まれたはずです。

少なからず、騙されたと思っている人がいるでしょうね。この不信感は簡単には払拭できないでしょう。

もう一つの朝日新聞捏造事件に関しては、言うまでもないでしょう。原発事故と慰安婦問題に関して捏造記事を書いていたという事件ですね。

日本で2番目に部数が多い新聞が、意図的に嘘をついたわけです。大マスコミに対しての信頼が無くならない方がおかしいわけです。

情報を独占できなくなったのも影響している

また、インターネットの普及も、マスコミの凋落に拍車をかけています。

最近はテレビで間違った報道をすると、たちまち批判されてしまいます。あるいは、間違ってはいなくても恣意的な報道であれば、批判されることになるでしょう。

最近だと、丸山議員の黒人差別発言が話題になりましたが、このニュースのNHK の動画編集がかなり恣意的なものだと話題になりました。切り貼りをして、丸山議員の印象をかなり悪くしているのです。

インターネットが発達する以前なら、これに対する批判はほとんど無かったでしょう。検証するすべがありませんでしたし、批判する場所も限られていました。

しかし最近では、少なくともネットの中ではわりと短時間で情報が拡散します。

もちろん、ネットでの影響力は限定的なのでしょうが、これまでまったくなかった批判がされるようになったわけです。この変化は大きいですよね。

それに、テレビ局の恣意的な編集は、時間がたてば口伝でも伝わっていきます。ネットでこのニュースを見た人たちだけでなく口伝で聞いた人も、ニュースを信頼しなくなるでしょうから。


  1. <ジャーナリスト6人>「電波停止」言及に非難声明
    毎日新聞 2016年2月29日 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , ,


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。