アサヒ飲料が常温の自動販売機を設置| 確かに需要はありそうですね

アサヒ飲料が常温の自動販売機を設置するようです。現在40台がすでに設置済みで、これを2016年末までに300台に増やす予定なのだとか。1

灯台下暗し的な売り方ですね。

台数から考えると、テストマーケティング的な扱いなのでしょうね。うまくいけば、もっと台数を増やしていくのでしょう。他社の自販機でも一般的になるかもしれませんね。

ちなみに、常温の自動販売機といっても、冷たい飲料や温かい飲料を置かないわけではありません。「コールド」「ホット」に加えて「常温」というカテゴリーを作るのだとか。

最近は、常温の飲み物を飲む人が増えているようです。健康にいいという話もあります。本当か嘘かは知りませんが。

そんな状況ですから、まあ、こんな自販機が出来てもそれほど不思議ではありません。確かに冷え性の女性が、夏場に「ホット」の飲料を仕方なく買うのは、見ていてちょっとかわいそうでしたしね。

まあ、興味深い動きだと思います。


  1. 「あったか~い」「つめた~い」じゃない!アサヒ飲料、常温自販機を年内300台へ
    ニュースイッチ 2016年5月18日 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。