強いブランドを持っていると強気の価格設定が出来るんだね| ディズニーの安宿が全然安くない

「4番目の『ディズニーホテル』はなぜ安いのか」という記事が、東洋経済オンラインに掲載されていました。新しく出来たディズニーのホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュ」が、今までのものと比べて大幅に安いという内容の記事です。

この記事、個人的には、かなりの違和感を感じました。というのもこのホテル、安くもなんとも無いのです。

あくまで今までのディズニーのホテルに比べると安いというだけなんですね。具体的には、従来のホテルが1泊につき5万円から6万円程度かかるのに対し、新しいホテルは3万円程度で泊まることが出来るという価格設定のようです。

ただ、従来のものと比べて安いのには当然理由があります。東洋経済の記事の中から、理由を拾ってみましょう。

  • セレブレーションホテルの内装はやや簡素
  • レストランも朝食のみ提供
  • 立地もTDRまでは専用のシャトルバスで15分ほどの距離にある
  • 結婚式場といった設備はない

これらの条件を見ると、3万円という価格設定でも安いとは言えないと思うわけです。

シャトルバスで15分もかかり、朝食しか出ないんですよね。これだったら、1泊3万円で都内のホテルを探した方が満足度が高いように思われます。

家族4人で泊まるとすると、1泊3万円でも12万円かかる計算です。これだったら、例えば都内のホテルのスイートルームに泊まれそうな金額ですよね。もちろん、予約状況やホテルのグレードにもよりますけど。

多分、普通のホテルの方が満足度が高いと思うんですけどねえ。それでもディズニーのホテルの方がいいと思う人が多いのかなあ。

ディズニーのブランド力、恐るべしですね。朝食だけのホテルで1泊3万円で勝負できるのですから。個人的には、やっぱり全く理解できませんけど。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , ,


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。