ヤフコメで訴えてやるって脅されたよ

SNSなどを使っていると、名誉を傷つけられるような発言をされることがあります。そんなときには、どうやって対処をしたらいいのでしょうか。実は匿名の掲示板などでも対処することが出来るようです。あるいは、その仕組みを使って逆に脅されることもあるようですね。

SNS や掲示板に誹謗中傷されることも

ネットにつながっていると、SNS や掲示板に誹謗中傷が書き込まれることも。どうやって対処すればいいのでしょうか。

「偉そう」って書いたら訴えてやると脅された

ちょっとおもしろいことがあったので、整理しておきたいと思います。某Yahoo!ニュースのコメント欄で、ある記事のコメントに対してやり取りをしていました。そして、その中で次のような返信をしました。

「○○について偉そうに語るのなら、そのくらい常識だと思っていたが」

まあ、ちょっと煽ったわけです。ただ、どうもこのコメとが癇に障ったらしく、次のような返信が返ってきました。

「偉そうだと、偉そうに知ったかぶっているのはそっち。(中略)奥さんをネットで侮辱された野球選手は200万円を普通のOLに請求した。匿名を突き止めるのは簡単。注意しろよ。これは警告です。」

見事な恫喝が返ってきたのです。どうやら「偉そう」と言われたのに憤慨したようです。沸点低すぎでしょ。ダチョウ倶楽部だってこんなに簡単に「訴えてやる!」なんて言いませんよね。

ダチョウ

ダチョウ倶楽部だって訴えてやるは1ネタに1回です。

そして、このコメントが面白いのは、偉そうと言われて侮辱だと言っているのに、「偉そうに知ったかぶっているのはそっち」と相手(つまり私)のことを偉そうと言っているのです。それに「偉そう」がダメなら「知ったかぶり」もダメですよね。

ということは、彼の私に対する恫喝が有効なら、全く同じ恫喝を私ができるという事です。というか、こちらの方がより強い反撃ができそうです。

まあ、それにしても、「偉そう」と書いただけで、損害賠償請求を持ち出されるとは思ってもみませんでした。何とも、面白い人がいるものです。

もちろん、今回は、相手も単なる脅しでこんな事を書いたのでしょう。さすがにこれで訴えるようなことはしないはずです。

でも、このケースって、実際に損害賠償請求するなんてできるのでしょうかねえ。ちょっと興味深いですよね。

素人なりに調べてみました。実際に法的な手段に出ようとしたら、どこで引っかかるのかも気になりますし。

法的手段

SNS や掲示板での誹謗中傷に対して、法的手段はとれるのでしょうか

実際にどんな裁判があり得るんだ?

とりあえず、この件で訴えるとしたら、この方にとってのゴールがあるはずです。まずはそこから考えてみましょう。

どうやらこの方は、「偉そう」と言われたことで損害を受けたと感じたそうです。200万円うんぬんという表現があるので、民事裁判で損害賠償請求を行いたいようですね。

ただ、実は、別のコメントで侮辱罪という言葉も使っています。「○○罪」ってことは、刑事裁判ですよね。

ちなみに、侮辱罪というのは親告罪なのだそうです。親告罪というのは、こういう被害を受けましたと、刑事告訴をしないといけないわけです。具体的には、警察に行って被害届を出さないといけないのでしょうね。

まあ、可能性としてはこの2つでしょうか。まあ、「偉そうって言われた」って被害届を出されると、警察が捜査してくれるのか甚だ疑問ですけどね。

個人情報の開示請求

とりあえず、Yahoo!のコメント欄で被害を受けた人は、Yahoo!ジャパンに対してコメントをした人(つまり私)の個人情報の開示請求ができるようです。それが無いと、裁判も起こしようがないですからね。

最近は、「プロバイダ責任制限法」というのがあるのだそうです。正確には「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」という非常に長い名前の法律です。この法律を使うと、2つの事ができるようです。

一つが権利を侵害する情報コメントなど削除請求で、もう一つがコメントした人(つまり私)の個人情報の開示請求です。

ただ、請求があったからと言って、Yahoo!ジャパンがすべて応じるわけではありません。注意事項として次のような事が書かれています。

3.注意事項
上記の各請求に関して書類受領時に連絡を行っておりません。
上記の各請求に関して発生した費用については、ご自身でご負担ください。
上記の各請求をご送付いただいた場合であってもご要望に添いかねることがあります。

問題になるのは、この3つ目ですね。「偉そうって言われたから個人情報を出せ」といったところで、スルーされてお終いという可能性が大きそうな気がします。

法律がどうなっているかまでは未確認ですが、「偉そう」だけで情報を出したら、Yahoo!ジャパンの方がヤバそうですよね。だって、ほとんどのケースで情報開示を認めないといけなくなりますもんね。ビジネスとして成立しえないでしょう。

プロバイダ責任制限法

「プロバイダ責任制限法」は正確には、「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」と言うそうです。

個人情報が開示されたら民事裁判へ

Yahoo!によって個人情報が開示されたら、民事裁判という流れになります。精神的に苦痛を受けたとか何とかで、賠償請求を行うという事になるでしょう。

「偉そう」と言われて傷ついたので損害賠償という事ですね。あと、この人は、コメントのやり取りをしたのが苦痛らしく、「つきまとい」が精神的な苦痛だとも言っています。それも賠償の対象として主張するのかな。

具体的な民事裁判の手順って、詳しくは知りませんが、これを言い出すのって結構恥ずかしいでしょうね。「偉そうって言われて傷つきました」って裁判を起こすんでしょ。

どうやら、金額的には200万円というのをずっと言い続けています。「偉そう」一言で200万円の賠償なんてあるか!

おそらく、大きな金額を出すことで、相手(つまり私)を脅したいのでしょうね。でも、こんな荒唐無稽な事で、脅せるのかなあ。

刑事事件にしたければ警察に被害届を

侮辱罪という事で刑事事件にしたければ、警察に被害届を出すことになります。

でも、何て被害届を出すのでしょうか。ネットで「偉そうって言われたのが侮辱罪に当たります」って言うのかな。

これも、警察が相手にしてくれるのでしょうか。常識的に考えたら、そんなに暇ではないですよね。

本当に警察に行けるとしたら、すごい勇気です。

法律をチラつかせて恫喝し、相手の言論を抑え込もうとしたのが問題かな

今回の件で悪質だと思ったのは、法律をチラつかせて恫喝し、相手を威圧しようとしたことですね。あまりに手口が稚拙だったので、逆効果だったと思いますけど。

もちろん、本当に相手の名誉を棄損するような発言はいけませんよ。でも、議論で自分の不利を覆すために揚げ足取りに法律を持ち出すのは、本当に許し難い行為です。

時々いるんですよね。法律を持ち出して議論に勝とうという輩が。まあ、多くの場合、私のレベルすらも法律の知識が無かったりするわけですが。

今回の一連の流れは自分を守るのにも使える

はっきり言って、今回の恫喝は悪質ですが、Yahoo!などに連絡して問題のコメントを書いている人を特定できることは覚えておいて良いでしょう。それができれば、一応、法律的な手段に出ることも可能です。

具体的には、民事的に損害賠償請求をするか、被害届を警察に出すかです。

とりあえずは、「プロバイダ責任制限法」というのだけは覚えておきましょう。私たちにとっては、プロバイダや掲示板の所有者に、個人情報をできる法律です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。