中古パソコンというのは選択肢になり得るのだろうか

以前は、中古PCというのは選択肢にもなりませんでした。PC自体の進歩が速くて、数年前のモデルをわざわざ買おうなどと思う人は少なかったからです。

しかし、PCの進歩がゆっくりになった現在、中古PCというのも利用価値が出てきたのかもしれません。実際の例を使って、ちょっとチェックしてみましょう。

以前は中古パソコンという選択肢はあり得ませんでした

10年ぐらい前を思い出してみましょう。当時、パソコンはどんどん性能が良くなっていました。

1年前に高級機として売られていたものでも、1年たつと標準的なスペックしかないなんて言う事も珍しくありませんでしたね。

ドッグイヤーなんて言われ方もしていましたね。ドッグイヤーと呼ばれてたのは、もう少し前かな。

ちなみにドッグイヤーというのは、犬は成長が速く、犬の1年は人間の7年に相当するというところからきている単語です。つまり、パソコンの進歩のスピードは通常の7倍進歩のスピードが速いという事が言われていたわけです。

こういう成長スピードが速い時期には、わざわざ中古のパソコンを買う必要は無かったはずです。なぜなら、2年前3年前のハイスペック・パソコンを中古で買う位なら、最新の格安パソコンを買う方が性能が良かったりするからです。

以前よりは中古パソコンの利用価値は上がっているはず

しかし、ここにきて、パソコンの進化はかなりゆっくりになってきています。ITの進歩が止まったとは言いませんが、以前のようなドッグイヤーというような状況ではないのです。

こうなってくると、中古パソコンにも勝ち目が出てきます。進歩があまりなければ、数年前のハイスペックのPCなら、十分に現役で使えますからね。

ということは、新品の格安パソコンよりも中古パソコンを買った方が有利というケースも増えてくるかもしれません。

パソコン自体の価格も下がっている

しかし、ここ10年で、パソコン自体の価格がかなり安くなっています。余計な機能の入っていなければ、新品のパソコンでも、相当安い価格で手に入れる事ができるでしょう。用途にもよりますが、予算5万円で十分にパソコンが買えます。

さて、そうなると、中古パソコンに勝ち目はあるのか、また疑わしくなるわけです。数年前のPCでも十分に使えますが、「価格が安いなら新品で良いだろう」となるわけです。

実際の例でチェックしてみましょう

こうなってくると、実際の価格を比較してみるのが手っ取り早いでしょう。中古パソコンと新品の格安パソコンではどちらが有利なのか、具体的な商品で比較してみる事にしましょう。

ここでは例として、15インチのノートパソコンでチェックしてみましょう。一台はDell の新品で、もう一つは中古ショップのセール商品です。

Dell のサイトで、15インチのノートパソコンを探してみると、3万5980円のモデルが最安でした。このパソコンのスペックが、次のような感じです。

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • プロセッサ:インテル Celeron プロセッサー N3060
  • メモリ:4GB
  • ハードドライブ:500GB
  • 販売価格:3万5980円

次に、デジタルドラゴンという中古PCの販売サイトで、似たようなスペックのパソコンを探してみました。iiyama のパソコンに近いスペックのものがありました。W550SU という機種です。

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • プロセッサ:Core i3 4100M 2.5GHz
  • メモリ:4GB
  • ハードドライブ:750GB
  • 販売価格:2万6800 円

あくまでカタログスペックだけで比べると、OSとメモリは同じで、プロセッサとハードドライブは中古の方が良いという感じでしょう。それで、価格が9,000円程度、中古の方が安いという感じですね。

中古PCにはオフィスソフトが入っている

ちなみに、iiyama の中古PCの方にはKingsoft WPS Office というソフトが入っているようです。一方のDell のPCにはオフィスソフトはありません。

まあ、無料のオフィスソフトに優れたものがありますから、無ければ無いで問題はありませんけど。どちらにしてもマイクソフトのオフィスが入っていないという意味では、大きな差が無いとも言えます。

ハードディスクは消耗品

その一方で、ハードドライブは消耗品なので、中古品だと寿命が短い可能性がありますね。耐用年数は短くなると考えられます。

もともとのPCでハードドライブがどの程度使われたかは、率直に言ってよく分かりません。運が悪いと、短期間で故障という事もありそうです。

ハードドライブを付け替えるとなると、新品を買うのと大差がなくなってしまうでしょう。

私だったら新品を買います

このように比較をしてみると、個人的には、多少スペックが落ちても「Dell の方が良いかな」というのが率直なところです。ハードドライブの耐用年数の問題もありますが、この程度の価格差なら新品の方が気分が良いですからね。

ただ、利用期間が短いことがあらかじめ見込めるなら、中古PCという選択肢はあり得るでしょう。例えば、2年限定というのであれば、中古という選択肢は十分に考えられるはずです。

とりあえず、以前のように、中古PCは選択肢にすらならないという事でもなさそうですね。用途によっては十分に使えることが分かりました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。