アフィリエイト出稿、どのくらいのコストがかかるの?

アフィリエイトに出向した場合の費用

ネットに広告を出すことを考えた時、一つの選択肢として考えられるのがアフィリエイトを利用することでしょう。でも、アフィリエイトって、どの程度のコストが掛かるのでしょうか。ちょっとイメージがわきませんよね。

これに関して、電脳卸というASP1 (アフィリエイトの仲介業者)が、一覧表を作って紹介しています。

ASPを利用する費用の比較

ASP を利用した場合の費用の比較です。電脳卸のサイトから引用しています。

電脳卸が作った宣伝用の画像なので、多かれ少なかれバイアスがかかっていますけどね。他社に関しては、数字自体は正確なのですが、もう一つある安い方のプランは書いてなかったりします。

表を作ったタイミングの問題なのかもしれませんけどね。まあ、大体こんな感じです。

初期費用が30万円程度かかる場合も

この表を、少し詳しく見てみましょう。

大手のASP だと、初期費用だけで5万円程度かかる事が多いようですね。まあ、これは致し方ない費用でしょうか。

それに加えて、デポジットが20万円程度必要な事があるようです。デポジットなので、利用を止めると返してもらえます。

将来返してもらえるお金とは言え、小さい会社には厳しい金額ですね。特に、起業の直後だと、かなり大変でしょう。

さらに月額の会費も固定部分が4万円程度かかります。ということは、初月はどんなに抑えても10万円程度の出費を覚悟しないといけません。デポジットを取られるなら、30万円ていどはかかることになります。

月額でかかる費用もバカにならない

2か月目以降ですが、当然ですが、月会費は毎月かかります。毎月固定費として4万円程度は費用が掛かるというわけです。

つまり、1年間利用したとすると、初期費用と月会費だけで60万円程度はかかる計算です。小さな企業にとっては、結構な出費ですね。

しかもその上、アフィリエイターに紹介料を払わないといけませんし、また、その紹介料の一定割合は、ASP にも成功報酬として取られる形になっています。

最低でも4万円で、売上に応じてその額は増えるという事です。もっとも、売上が増えることで広告費が増えるのは、基本的には歓迎すべきことですけどね。

とりあえず試してみたい人は電脳卸が良いかも

率直に言って、中小企業にとっては、アフィリエイトは意外とハードルが高いでしょう。最近は低予算で始められるライトプランのようなものが用意されていることもありますけどね。

とりあえず、アフィリエイトがどんなものか体感してみたいという方なら、電脳卸のサービスを利用してみるのが良いでしょう。一覧表にある通り、コスト面では一番有利です。しかも、結構圧倒的ですね。2

初期費用は掛かりませんし、月額の費用も4,900円からなので、気楽に始められます。特に物販系なら、電脳卸は良いと思いますよ。

もちろん、大手に比べて欠点はあるのですけどね。月額費用の安さは魅力です。興味があるのなら、資料請求だけでもどうぞ。


  1. ここでいうASP は次のような意味で使っています。

    アフィリエートサービス‐プロバイダー(affiliate service provider)
    ウェブサイトやブログの運営者と広告主を仲介し、アフィリエートプログラムの契約を行ったり、広告料の支払いを代行したりする事業者。ASP。(デジタル大辞泉)

    しかし、一般にASP というと、application service provider を指すことの方が多いかもしれません。

    《application service provider》インターネットを経由して、サーバー上のアプリケーションソフトを利用するサービス。また、そのようなサービスを提供する業者のこと。(デジタル大辞泉)

    []

  2. ただ、最近は、大手も格安プランのようなものを用意している場合もあります。 []

個人でもアフィリエイトに出稿できる

アフィリエイトに出向する場合は、法人であることが条件になっているケースが多いようです。ただ、電脳卸なら、個人の出稿も可能です。料金も、他車と比べるとかなり安いので、その意味でも個人が利用しやすいですよ。

ちなみに、2002年から営業している歴史のあるASP でもあります。興味がある人は、資料請求だけでもいかがでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。