流行語なのに初めて聞いた人が多数?| ユーキャンは何のために広告宣伝費を使うのだろう

2018年の新語・流行語大賞が発表されました。そして今年も、政権批判的な語が候補の一つに選ばれていました。

それにしても今年の選考は、かなり無理があったのでは無いでしょうか。というのも、流行語のはずなのに初めて聞いたという人がかなり多いようなのです。賞を与えて話題にしたかったのでしょうか。

誰も知らない流行語

2018年の新語・流行語大賞が発表されました。個人的にはこの賞は非常に興味があります。(実際、このサイト内でも、時々記事にしています。例えば、次のページ。)

関心を持つ理由は、その年の流行りを知ることができるからではありません。どんな政権批判の用語をこっそり(あるいは堂々と)ランキングに入れてくるのかに興味があるのです。

最近はワードの選考が露骨すぎるようですね。ここ何年かは大炎上しています。さて、今年は、どうだったのでしょうか。

大賞は「そだねー」

2018年の流行語大賞として選ばれたのは、「そだねー」でした。これは確かに流行したという印象があります。

オリンピックでかなり注目されましたからね。まあ、わりと納得できる結果だったのではないでしょうか。

「ご飯論法」って初めて聞きました

しかし、トップ10に入った他のワードを見てみると、明らかに変な言葉が入っています。「ご飯論法」という言葉です。

率直に言ってこんな言葉、この賞で初めて聞きました。もちろん、私が無知なだけという可能性もあるんですけどね。

ちなみにご飯論法というのは、新語・流行語大賞の公式サイトでは、次のように説明されています。

裁量労働制に関する国会審議の中で加藤厚生労働大臣が行った、論点をすり替えたのらりくらりとした答弁をさして広まったのがご飯論法。

やっぱり知らんなあ。政治のニュースには、わりと関心を持っている方だと自負しているのですが。

いわゆる反安倍の人たちの間でのみ流行った言葉なのでしょうか。とりあえず、毎年恒例の、政権批判ワードはこれみたいですね。

はっきり言って捏造です

さて、私が知らなかったのは偶然なのでしょうか。それとも、本当に流行っていなかったのでしょうか。

客観的にどの程度流行った言葉なのかを確認するために、Google Trends で検索してみました。他の語と検索数の比較をすれば、本当に流行ったのか確認できると思ったのです。

実際に検索してみた結果、次のようなメッセージが出てきました。

Hmm, your search doesn’t have enough data to show here.

一言で言うと、データ不足ですって。流行語なのにデータ不足で検索数が出せないって何??

この結果には、率直に言って驚きました。それほど検索数が多くはないと思っていたのですが、まさかデータ不足と言われるとは。

過去の反政権的な候補ワードとしては、2015年の「戦争法案」などがあります。かなりバイアスが掛かった言葉ではありますが、まあ、確かに流行語にはなっています。多くの人が聞いたことがある言葉でしょう。

それに対して、今回のご飯論法は、ほとんど誰も知らないという代物でした。そこまでして政権批判をしたいのですね。

もう、涙ぐましい努力です。痛々しい。

賞を取らせて実績を作る手法かな

とりあえず、こんなふうに賞を取らせると、私のように関心を持つ人がいます。それを狙って、流行っていない語を候補として残したのでしょうね。

結果的にメディアに取り上げられ注目されれば、実態なんて関係ないというわけです。Google にデータ不足と言われてしまう語ですから、こう言われても仕方がないでしょう。

モンドセレクションのようなものか

これって、モンドセレクションと似ていますよね。

何年か前にモンドセレクションを受賞した食品が、雨後の筍のように大量発生したことがあります。このモンドセレクションは、お金を払って自社商品を出品して、賞をもらうと言う仕組みでした。

そして、この受賞という肩書を使って、商品の宣伝をするという流れです。「モンドセレクション金賞受賞の逸品」などと宣伝するわけですね。

海外のよく知らない賞なので、最初の頃は一定の効果があったのでしょう。実際に賞をとった会社も多いようですし、テレビCMや雑誌広告などでも積極的に受賞をアピールしていました。

しかし、この手法が広く知られるようになってからは、モンドセレクションという言葉はすっかり聞かなくなりました。賞を買っていると知られれば、商品のイメージが悪くなることすらありますからね。

反政権的な流行語がなかったのでしょうね

流行した事実がないのに大賞を与えるのは、この賞と同じ感じがしますね。賞を取らせて泊をつけて、宣伝で使いやすくするわけです。

ただ、本当に流行った言葉があれば、こんな苦し紛れをしなくても良いはずです。なんか、反政府も大変だなあと思ってしまいます。

少なくとも去年までは、一応は聞き覚えのある言葉だったのですけどね。今年のは無理やり過ぎます。やっぱり、苦肉の策だったのでしょう。

ユーキャンは広告宣伝費を使っているんだよね

それにしても、こんなことをしていて、ユーキャンは大丈夫なのでしょうか。一応、広告宣伝費を使って宣伝をしているわけですよね。

でも、やっていることと言えば、反政権的な活動と取られても仕方がありません。だって、流行っていない政権批判の語を強引に候補に入れているわけですから。

ユーキャン自信は、選考には関与しないということを言っているようです。しかし、毎年のように批判があるのは知っているわけですから、スポンサーを降りない以上、選考に会社の意向が入っていると思われてもしかたがないでしょう。

宣伝費を使って評判を下げなくても

流行語大賞のスポンサーをしたのは、当初は売上にプラスだったと思われます。でも、政治的な色がこれだけ強いと、はっきり言ってマイナスだと思うんだけどなあ。

ここ数年はユーキャンに直接批判の電話をした人もいるようです。当然会社としても把握しているでしょうけどね。

非上場企業なので、こんなことをやっていても許されるのでしょうか。少なくとも、上場企業だと、株主総会が相当大変でしょうね。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。