フランチャイズでの独立開業は意外と敷居が低い

店舗型の商売を新しく始めるとなると、かなりの初期費用は覚悟しないといけません。不動産を借りる初期費用だけでも、相当かかりますからね。その上、内装工事やら機器の購入やらと、かなりの額がかかります。

しかし、フランチャイズを使えば、比較的小額でビジネスを始めることができます。300万円前後の初期費用で、開店することができるようですね。

フランチャイズでは、どうやって小額での独立開業を可能にしているのでしょうか。簡単に説明したいと思います。

フランチャイズを使えば、小さい初期費用で店舗型のビジネスができる

どんな業種でも、独立した店舗や事務所を持つ形の独立開業だと、それなりの初期費用がかかりそうですよね。店舗の保証金を用意して、内装工事をして、様々な機器やら備品をそろえないといけません。

特に小売や飲食だと、初期費用は大きくなります。まず、内装や備品にかかるコストが大きくなりがちなのもあります。それ以上に、店舗の面積自体が必然的に広くなるという影響も大きいです。さらに、店舗型のビジネスは立地も重要です。ですから、そもそも賃料が高い所に出店しないといけないと言う事情もあります。

ところが、フランチャイズの情報などを見ていると、思いのほか初期費用が小さく想定されていることが多いです。具体的には、200万円台から300万円台で出店可能としているところが多いのです。

はっきり言って、この金額だと、独立できそうにありません。一体どういうことなのでしょうか。

店舗に関する初期費用はフランチャイザーもち

200万円とか300万円程度で出店できるとしているところは、どうやら、店舗に関する初期費用をフランチャイザーが支払うという契約になっているようです。フランチャイザーというのは、フランチャイズの運営会社のことですね。

ですから、一番コストがかかる店舗の取得や内装や機器の調達に関しては、初期費用としてかからないわけです。これが、200万円台から300万円台で店舗を持って開業できる理由のようです。

初期費用があまり大きくなると、なかなか独立開業なんてできないですよね。その意味では、非常にありがたい仕組みだとは思います。

比較的誰でも簡単に出店できるってことだよね

300万円前後でビジネスを始められるとしたら、比較的誰でも簡単に商売を始めることができそうです。毎年100万円貯められば、たったの3年で起業できるわけです。

と言うか、300万円って、ちょっとした車くらいの価格ですよね。この程度の額で、独立できてしまうんですね。

まあ実際には、この他にも必要なコストはあります。例えば、当面の生活費などは用意が必要です。経営がすぐに軌道に乗るわけではありませんから。完全に無収入の準備期間も必要ですしね。

ただ、それらを考慮しても、比較的容易に店舗型のビジネスで独立開業できることがわかりました。フランチャイズというのは、なかなかすごい仕組みです。

不動産を持っている場合は、それを活かすこともできる

ちなみに、既に活用できそうな不動産を持っている場合は、それを活かすことも可能なようです。例えば、今酒屋をやっていて、それをコンビニにするみたいなことですね。

こういう場合は、当然ですが、家賃負担の部分は小さくなります。ですから、ビジネスとして成功する確率は大きくなるでしょう。既に顔なじみの顧客がいるケースも多いでしょうし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。