‘余談’ カテゴリーのアーカイブ

蓮舫執行部人事を朝日新聞が酷評| 朝日にすら見捨てられる民進党?

2016年9月21日 水曜日

蓮舫代表の民進党執行部人事に関する記事が、朝日新聞デジタルに載っていました。率直に言って、かなり手厳しい内容です。

(さらに…)

鳥越俊太郎が東京都知事選出馬でジャーナリストの本質が見えてきた?

2016年7月27日 水曜日

2016年の東京都知事選で一番注目している候補は、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏です。必ずしもいい意味ではありませんけどね。

(さらに…)

テレビの影響力はかなり小さくなったのか?| 東京都知事選でどう考えても有利な鳥越氏の雲行きが怪しい

2016年7月20日 水曜日

最近は、ネットとテレビで反応が全然違うなんてことも珍しくありません。ネット上でボロクソに書かれている事でも、テレビでは好意的に伝えられたりすることがあります。もちろん、その逆も。

ただ現在までのところ、ネット世論とテレビを比べると、テレビの方が影響力が強い印象です。分かりやすいのは2014年の次世代の党の衆院選での惨敗でしょうか。19議席から2議席に議席を減らした選挙ですね。

(さらに…)

何の3分の2か明言していないから責任は無い!| リーダーシップって何なのかを考えさせられます

2016年7月11日 月曜日

2016年の参院選において、民進党は「まず2/3をとらせないこと。」というコピーのポスターを作っていました。これについての非常に興味深いやり取りがあったので、ご紹介したいと思います。

(さらに…)

強いブランドを持っていると強気の価格設定が出来るんだね| ディズニーの安宿が全然安くない

2016年7月3日 日曜日

「4番目の『ディズニーホテル』はなぜ安いのか」という記事が、東洋経済オンラインに掲載されていました。新しく出来たディズニーのホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュ」が、今までのものと比べて大幅に安いという内容の記事です。

(さらに…)

目先の利益のためにポリシーに反する是非?| 河野太郎の変節はテレビ拒否のロックミュージシャンがニコニコしながら紅白に出るようなものかな

2015年10月10日 土曜日

改造安倍内閣で、河野太郎氏の入閣が発表されました。行革担当大臣のポジションです。

今回発表された人事の中では、個人的に一番面白かったものでした。笑ってしまうという意味の面白さですが。

政治家という人気商売で、今回の決断はプラスだったのでしょうか。それともマイナスだったのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

(さらに…)

AKBのCDの売り方ってビジネスとしてみるとすごいよね

2015年3月10日 火曜日

AKB48が20作連続でシングルCDのミリオンを達成したようです。これは史上初めてのことなのだとか。また、26作連続1位で浜崎あゆみの記録を超え、「女性アーティスト単独1位へと躍り出た」のだとか。1

この記録って、ビジネスという視点で見てみると、すごいことだと思うのです。個人的には、ある意味偉大な記録だと思っています。

(さらに…)

  1. AKB 20作連続シングルミリオン! 26作連続1位で“あゆ超え”
    デイリースポーツ 2015年3月10日 []

思い込みで商機を逃すのはもったいない| 自分用に雛人形を買う大人が増えているようです

2015年3月6日 金曜日

最近、子供向け以外の目的で雛人形を買う人が増えているのだそうです。大人の女性が自分用として購入するのだとか。要するにインテリアとして雛人形を買っているわけですね。1

(さらに…)

  1. ひな人形、大人女性の需要高まる
    オリコン 2015年2月22日 []

小さな問題だからと放置しておくのはよくないようですね| 不興を買う要因になりかねません

2015年2月26日 木曜日

近所の図書館であった話です。事件と言うような大げさなものではありませんが、ちょっと気になることです。

最初に言っておきますと、別に図書館を非難する意図はありません。ですから、特にとこの図書館かは明示もしません。でも、「民間だったら、こういう事は無いんだろうな」という話です。というか、これを対処しない企業があったら、客が離れそうな気がします。

(さらに…)

広さや長さは数字だけ書いても伝わりにくい| サイズを伝えるときには一工夫しましょう

2015年2月23日 月曜日

Yahoo!ニュースで、次のような内容の記事を見かけました。

スリランカの「地の果て」と呼ばれる崖があるのだそうです。1,200メートルの高低差があるのだとか。

この崖からオランダ人男性が転落しましたが、奇跡的に命を落とさずに済んだそうです。40メートル下に生えている木の上に落ちたのが幸いしたようです。これまでも何度も転落事故は起きているようですが、生還したのは彼が初めてだとか。1

このような記事なのですが、率直に言って、イメージがつかみづらいと感じました。高いところから落ちて助かったのはもちろん分かるのですが、ちょっとイメージがぼやけている感じがしたのです。

(さらに…)

  1. 新婚旅行で「地の果て」から転落、蘭男性 初の生還者に
    AFP=時事 2015年2月22日 []