‘借入れ・資金繰り’ カテゴリーのアーカイブ

起業前に投資信託の積立でお金を貯める| 具体的にどこで何を買う?

2017年11月14日 火曜日

以前書いたように、起業のための資金を投資信託の積立で準備するのは賢い選択の一つです。自動的にお金が貯まっていくので、意志の弱い人でもまとまったお金を準備できるからです。

また、投資信託の場合は、NISA や「つみたてNISA」のような制度も利用可能です。税制的に見ても、有利な貯蓄方法であるという事ですね。

(さらに…)

有利子の奨学金と事業資金の借り入れがあった場合、どちらの返済を優先する?

2014年12月4日 木曜日

個人事業主が有利子の奨学金と、事業の借り入れがあったとします。どちらの返済を優先するのがいいのでしょうか。ちなみに、事業資金は信用金庫で借りています。

質問サイトにこのような趣旨の質問がありました。ちょっと考えてみましょう。

(さらに…)

会社にすると社債を発行できる

2014年7月28日 月曜日

会社を作ることのメリットの一つは、資金調達がしやすいと言う点にあるでしょう。特に特徴的なのが、株式を使って資本を集めることと、社債を発行することで資金調達ができることでしょう。

このページでは、中小企業の社債発行について考えてみることにしましょう。

(さらに…)

自営業者や中小企業経営者向けのカードローン

2014年4月26日 土曜日

個人事業主や中小企業の経営者向けのカードローンががあります。シンキ株式会社というところの「オーナーズセレクトカード」というカードローンですね。

金利が高いので利用目的は限定されるかもしれません。それでも、短期の資金繰り目的などで使うには便利なカードではないでしょうか。

(さらに…)

民間金融機関からの資金調達| まずは信用金庫か信用組合に口座を開設しよう

2014年3月19日 水曜日

一般に、個人事業主が事業資金を銀行から借りるのは相当難しいようです。そこで、個人事業主が開業資金を借りる場合は、最初に公的な仕組みを使うことを検討することになります。具体的には、日本政策信用金庫の融資などに頼ります。

しかし、公的な融資制度からお金を借りるには、一定の条件を満たさないとお金を貸してくれません。1 公的な仕組みが利用出来ないとなると、銀行などを頼るしかないでしょう。あるいは、公的な仕組みを使えるとしても、銀行などから融資できる可能性は残しておきたいですよね。

(さらに…)

  1. 具体的に書くと、日本政策信用金庫の新規開業資金は次のような条件を満たさないと利用が出来ません。

    次のいずれかに該当される方
    現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
    (1)現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方
    (2)現在お勤めの企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方
    大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
    技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
    雇用の創出を伴う事業を始める方
    1~4のいずれかを満たして事業を始めた方で事業開始後おおむね7年以内の方

    []

短期資金の借入先として、生命保険会社の契約者貸付は有効な手段の一つ

2014年3月18日 火曜日

事業資金の調達方には、様々な方法が考えられます。そんな選択肢の中の一つとして、生命保険会社の契約者貸付を利用することも可能です。

「個人事業主になるには!」みたいなタイトルの本には、契約者貸付を利用について指摘されていることも多いようですね。何度か見かけた記憶があります。

(さらに…)