石田純一が何を考えているのか想像してみた| 周りが全然見えていないのか上手な売名なのか

タレントの石田純一が東京都知事選に出馬したいという意向を示しているようです。しかも、野党が統一候補として自分を推すのであれば、出馬して良いというような大胆なことを会見で語ったようです。一応正確な文言を載せておくと、「野党統一候補であるならば、ぜひ出させていただきたい」というようなことを語ったようです。1

このニュースを聞いて、「この人は大丈夫なのか?」と思ったのが最初の印象です。何の政治経験も無く、政治的な素養があることも特に感じさせない彼を、野党が統一候補として推すはずはないですよね。荒唐無稽にもほどがあると思ったのです。

ちなみに、彼自身も、自身が統一候補になれる可能性は小さいとは感じているようです。「10%かそれ以下ではないか」という自己分析をしています。

ただ、これでも甘すぎる見積もりですよね。はっきり言って、外から見れば、彼を統一候補にする確率なんて完全にゼロです。統一候補どころか、どこかの政党が公認または推薦する可能性すらほとんどなさそうに見えます。

また、主張している内容も頓珍漢です。憲法に関しても主張していくのだそうです。

「僕が市民目線で言えるのは、憲法のどういうところを変えていくのか、どういう日本に変えていくのかが全く論議されていないということ。都知事選ではそういうことも含める」

何で都知事選で憲法の主張なのでしょうか。もう、頭を抱えたくなるレベルですよね。

でも、何で自分が統一候補になれる可能性があると思ってしまったのでしょうか。10%以下という言い方をしているということは、可能性は低いまでも全く無いこともないと思っているわけですからね。

芸能人って、意外と自分が見えていないのかなあ。

売名行為という可能性も小さそうなんだよね

石田純一にまともな判断能力が残っていると考えると、売名行為として会見だけ行なったという可能性もありそうですね。自分が候補になる可能性は無いと分かった上で、名前だけ売ろうと会見を開いたという可能性です。

でも、これもちょっと考えにくいですよね。

石田純一といえば、安保関連法案に反対するデモに参加して話題になっています。こういうことをすると政治的に色がついて、タレントとしては使いづらいと判断されてもしかたが無いでしょう。

今回の会見でその主張をさらに進めたわけですから、売名以上にマイナスが大きいように思われるのです。

計画した売名としたら、やり方が稚拙です。

何か別の意図があったのでしょうか

もしかしたら、誰か違う候補の意図で石田純一が使われた可能性もありそうですよね。たとえば、今回の発言を受けて、石田はともかくとして野党統一候補は出すべきだという機運が盛り上がる可能性もあります。

具体的に何を狙っているのかは分かりませんが、観測気球的な役割やとして石田純一が使われていてもおかしくは無いわけです。それ以外にも、一応知名度はある人ですから、色々使い道は考えられるでしょう。

でも、そうなると、誰が振り付けしなのかは気になるところです。まあ、候補者が確定するあたりには、なんとなく分かるでしょう。

民進党本気か?

さて、ある程度書き終わった段階で、さらに驚くべきことがありました。実際に民進党内で、石田純一をかつごうという勢力がいるのだとか。2

本気か民進党。そして、大丈夫か?石田純一だと絶対に勝てんぞ。というか、勝負にならんぞ。


  1. 「石田純一 何様?」 「野党統一候補なら出馬」の風当たり
    J-CASTニュース 2016年7月8日 []
  2. 都知事選 増田寛也元総務相、10日に出馬表明へ 民進党に石田純一氏擁立の声も
    産経新聞 2016年7月9日 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , ,


関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。